一級建築士と闇
ホーム > > 老健や病院に併設されたサ高住のメリット・デメリット

老健や病院に併設されたサ高住のメリット・デメリット

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)といっても実際はどのようなサービスが提供されるかはバラバラです。なぜならサ高住に義務付けられているサービスは『安否確認』と『生活相談』の2つだけだからです。 また、特に介護老人保健施設(老健)や病院等と同じ医療法人内に併設されているサ高住であれば特に注意が必要です。なぜなら、サ高住と老健を行ったり来たりしている利用者の方が多数(場合によってはほぼ全て)である場合が多いからです。 老健というのは入所3ヶ月で退所しなければならないからです。正確にいうなら3ヶ月で退所していただかなければ施設は儲けが少なくなってしまうということです。なのでひとつの医療法人が老健や病院、サ高住を開設している場合、3ヶ月で老健退所→サ高住入居という流れが出来上がってしまいます。さらに老健を退所して3ヶ月が経過すると新たな入所者として迎えることができるため、老健→サ高住→老健→サ高住(以下ループ)という構図となります。もちろんすべてのサ高住や老健に当てはまるわけではないと思います。しかしそのような構図となっているサ高住の場合、そもそも空きが出る可能性が低く、入居したとしても周囲は本来は老健に入所する方々なので何かしら生活に影響が出ないとも限りません。 しかし、デメリットばかりではありません。そういったサ高住は看護師が常駐していなかったとしても医療法人内で連携していることが多く(公には謳っていないかもしれません)、火急の際にはより迅速に適切な処置を受けられます。また、老健の対象となる方が多く入居しているので、『安否確認』、『生活相談』以外のサービスも充実している可能性が高いです。 入居を検討しているサ高住がどのような施設で、そのようなサービスが提供されるのかはしっかりと抑えておきたいですね。 サ高住とは