一級建築士と闇
ホーム > > 葉酸サプリを利用した場合の適量とは?

葉酸サプリを利用した場合の適量とは?

葉酸は、健康な新しい細胞を作るのに必要な栄養素の一種で、遺伝子や赤血球を作るのに、欠かせないものです。

ですから、妊娠初期のお母さんやこれから成長をしていく子供には、かかせないものです。

食料品では、緑黄色野菜、レバー、豆類、胚芽米に含まれていますが、光や熱や水に合うとすぐに壊れてしまいます。

葉酸の1日摂取推奨量ですが、大人の場合、240㎍(マイクログラム=1mgの1000分の1)が適量です。

しかし、妊娠初期の人たちの適量は440㎍です。

現在の日本人大人の平均摂取量は244㎍から285㎍で、一般に摂取量が不足しているわけではありませんが、妊娠している女性には、明らかに不足をしています。

緑黄色野菜などを十分に食べているつもりでも、調理により葉酸は壊れやすく、体内に入っても吸収利用されるのは約50%なので、必要量を摂取するには葉酸サプリを利用すべきでしょう。

葉酸サプリを利用して、懸念される事は過剰摂取ですが、安全な量は1日1000㎍と言われています。

この安全域を守れば、女性の美肌や血液の健康のために葉酸サプリは有用ですし、アルコールを飲んだり、ストレスの多い人にも葉酸サプリは効果があります。
気になる妊活サプリ123|迷ったらコレ!失敗しないベビ待ちサプリ選びについてはこちらで書いています。