一級建築士と闇
ホーム > 注目 > ぬるめのお風呂で疲れを取る

ぬるめのお風呂で疲れを取る

疲れが溜まっていて、なんとか和らげたいというときは、ぬるめのお湯にじっくり浸かる入浴法がオススメです。 ぬるめのお湯に浸かると、身体の緊張をほぐしてリラックスさせる効果のある神経が働きます。 逆に、熱いお湯に浸かると、血の流れが早くなり、身体を元気にさせる神経が働きます。 そのため、リラックスしたいなら断然ぬるめのお湯がベストです。 熱いお湯に浸かるときは、シャキッと目を覚ましたいときなどにしましょう。 ぬるめのお湯の温度の目安は、夏なら38~40度くらい。冬は41度くらいの、少しぬるいかな?と感じる程度の温度です。 普段は温度を測って入浴することはないと思いますが、 効果を得るためにも、温度計できちんとお湯の温度を測ってから、入浴することをオススメします。メビウス製薬 苦情